×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



sorami   

     http://sorami.nobody.jp/
       
since 2005.04


住宅ローン 借り換え

          必要書類
   
 


基礎知識

比較検討

スケジュール

必要書類

多額のローンを組むので当たり前かもしれないが、必要書類は結構多いです。
上手くやれば1、2日で集められると思います。
銀行によって下に紹介するものと違ったりするので、申し込む銀行で
必ず確認しましょう。

また、申し込みは基本的に保証会社が必要としている書類です。
審査が通ってから銀行との契約の際には印鑑証明などが必要になると思います。

銀行の担当は申し込みに必要な書類を用意して持って来て下さい。
「これとこれと」 というふうな感じになると思いますが、

契約時に必要な書類も教えてもらっておいたほうがいいでしょう。
でないと、
また、役所に行くことになりますよ!

担当者はこちらの仕事の都合まで考えてくれてないので、
そこまで気がつかないことが多いと思います。
できるだけ細かい事まで話をした方がいいと思います。




 
 必要書類



印鑑証明
・住民票(家族全員の記載があるもの)
・住民税課税決定通知書または所得証明書
役所

・土地登記簿謄本(前面道路分も)
・建物登記簿謄本
・建物図面
・公図
・地積測量図
法務局

・重要事項説明書
・建築確認通知書
・不動産売買契約書または工事請負契約書
・返済中の預金通帳
・借入中の返済明細表
・源泉徴収票
本人

・実印
・免許証
・健康保険証
その他




配偶者などと合算する場合は連帯保証人になってもらうことになります。
印鑑証明、住民税課税決定通知書または所得証明書、源泉徴収票、実印・免許証・健康保険証

連帯保証人の分も必要です。
役所と法務局での書類は基本的に即日発行してもらえます。ただし、連帯保証人が印鑑登録していなければ手続きが必要になってきます。また役所の書類は一通だいたい300円で法務局での書類は全部で4000〜5000円ぐらいになると思います。

連帯保証人の印鑑証明の手続き手順

本人の場合
登録する実印と本人確認書類(免許書、パスポート、住民基本台帳カードなど)を持って申請します。
印鑑登録完了 印鑑証明即日交付できます。


代理人の場合
委任状を役所のホームページよりダウンロードしプリントアウトする。
無い場合は自分で作成する。
委任者(本人)の欄は書いてもらう。
委任状と登録する実印と代理人の認印を持参し、役所にて登録申請する。
申請後、本人の意思確認のため照会書が本人宛に郵送されます。
照会書の(本人)の欄は書いてもらう。
照会書と登録する実印と本人確認書類(免許書、パスポート、住民基本台帳カードなど)を持って申請します。
印鑑登録完了 印鑑証明交付


本人が行かない限り即日交付は無理です。代理人の場合役所に二回出向く事になります。
また、申請してから交付までは郵送の加減もあり、
最短で2日通常は4日ほど要するでしょう。



あくまでもわたしの住宅ローン借り換えの際のことで実際とは異なる場合があります。詳しい内容は当人で確認していただく必要があります。
ご了承願います。





ページトップへ
トップページへ
〜貧乏サラリーマンの子育て生活スタイル〜 父親の役割と育児参加と変な日記
copyright c2005 sorami .All rights reserved.