×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


父親の役割と育児参加と変な日記 二児のパパである日給月給サラリーマンsoraの家族子育て応援サイト


sorami


子供にとって母親は絶対的存在だが、父親は?
わたしの父親
わたしの右腕複雑骨折
簡単な料理ぐらい出来ないと父親とは言えない!
生活していけるだけの年収、収入がありますか?
車は男のロマン!?
子供のプライド?それとも親のプライド?
子供と食事を一緒に摂る事の重要性
子供との約束は守ろう
教育方針は夫婦で話し合って決めておいた方がい
風呂はコミニケーションの為に大切な場所
子供は電車に乗るだけでワクワクする
体力や特技は子供にとって大切
不器用と過保護の関係
子供にテレビゲームは必要か?

トップページへ
貧乏サラリーマンの子育て生活スタイル 父親の役割を考える


子供にとって母親は絶対的存在だが、
父親はそうではないかもしれない。


母親は、妊娠して出産、抱っこして母乳で我が子を育て始めます。


まず、出発点が違うのです。男にはできない事なのです。



母親のおなかの中で、


栄養を分けてもらいこの世に産まれる準備をして誕生するわけです。


母親から産まれてきたんです。


母親にとっては文字どおり自分の分身みたいに感じます。


だから、愛情も直接的で本能的に我が子の為なら”何でもできる”ぐらいの気持ちに


なれると思います。母親も子供も体で感じています。


それに比べて、父親は、実感が湧きにくい。


体で感じていないのであたりまえかもしれない。


産まれたきたのを見て頭で感じただけです。





よければご意見ご感想をお聞かせください。 こちらまで メール

ページトップへ
トップページへ
〜貧乏サラリーマンの子育て生活スタイル〜 父親の役割と育児参加と変な日記
copyright c2005 sorami .All rights reserved.